諸々の事情でクレジットカードが持てない人の利便性を埋め合わせるような存在として人気を集めているバンドルカードですが、VISA加盟店で使用できるクレジットカード代わりになるといっても、購入しようと思っている商品を取り扱っている先がVISAに加盟していなければ、決済できないままとなってしまいます。

れを予想せず、バンドルカードにチャージしてしまっていた場合には、なんとか残高を現金化できないかと頭を悩ませてしまうものです。

また、手元に現金がどうしても必要なとき、バンドルカードにチャージしていなくても、ポチっとチャージ機能を使用してそれを現金化できないかどうか画策した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

以下では、どうしても現金が必要なときのための備忘録として、バンドルカードの残高を現金化するための手順を紹介していきます。

バンドルカードの残高について

バンドルカードはプリペイド式のクレジットカードであると考えれば、またはVISAカードとして決済できるデビットカードであると考えれば、もっともわかりやすいかもしれません。

信用情報に傷のある方でも、未成年の方でも、事前にクレジットカードとして利用する分だけの残高を支払っておくことで信用を得られる仕組みとなっています。バンドルカードは残高として支払っておくことのできる上限が決まっており、10万円以上をチャージしておくことはできません。

おそらく紛失などのリスクを考慮して設定された金額なのでしょうが、おおよその買い物のためには十分な金額といえるでしょうし、手元に現金がないときのバンドルカードの残高数万円はとても貴重な存在として映るでしょう。その数万円を手元にできれば、かなり状況が変わってくるはずです。

ポチっとチャージで残高発生

バンドルカードには、ポチっとチャージという機能がついており、手元にチャージするための現金を持っていなくても、簡単な操作で上限2万円まで後払いチャージできます。

端的に言ってしまえば、その場で借金ができるわけですが、どうしても現金が必要なとき、この2万円を現金化できれば、と思う方もそれなりにいらっしゃるのではないでしょうか。

バンドルカードの残高を現金化するにはどうしたらいい?

バンドルカードはクレジットカードと同様に、カード情報と残高があれば同じようにショッピングができるのですから、バンドルカードの残高とは、クレジットカードのショッピング枠そのままといえます。

きっとご存じの方もいらっしゃるでしょうが、世の中にはショッピング枠を現金化するサービスを提供している業者があり、そこへ連絡を取れば、バンドルカードの残高も現金と交換してくれます。

たいていの業者はサイトにメールフォームが設けてあり、そこに名前・性別・電話番号・メールアドレスといった必要事項を記入して送信するだけで申し込めるようになっているので、特にややこしいやり取りを要されるわけでもありません。

申込みが終わると、数分で業者から折り返しがきます。

その内容は、簡単な本人確認と、バンドルカードで購入手続きを済ませるショッピングサイトと商品の指定であり、それに従って手続きを済ませるだけで、業者より現金が振り込まれる仕組みです。

後日になって、購入した商品が届くでしょうが、それをどうしようがあなたの自由です。

バンドルカードの現金化でおすすめの業者

バンドルカード残高の現金化サービスを行っている業者はいくつもありますガ、なかでもおススメなのが“買取ボブ”です。

現金化する以上、どれくらいの換金率となるのかが気になるところですが、“買取ボブ”であれば、最大93%というこう換金率での現金化ができます。バンドルカードを現金化するときはぜひ試してみてください。

買取ボブをおススメする理由

“買取ボブ”をおススメする理由は、上でも触れているように業界トップクラスの高換金率に他なりませんが、現金化までの時間がとても短いのも理由です。

手続きがスムーズにネットで完結できる場合、所要時間は最短10分ほどなので、早く現金を手に入れたい方にとって、とても便利なサービスとなっています。

しかも、買取ボブは365日24時間営業なので、夜間の買取、換金にも対応していますので、急な出費が生じた場合にも便利です。

換金率が高く、業界トップクラスの人気を誇る“買取ボブ”は何も特別なスキームでバンドルカードの残高を購入して現金を振り込んでいるわけではありません。

ちょっと検索してみればわかると思いますが。バンドルカードの現金化はほぼアマゾンギフトカードの購入を絡めるスタイルで行われており、買取ボブも同様の方式での買取を行っています。

横並びのスキームにも関わらず、買取価格が頭一つ抜けているのですから、買取ボブが人気なのは当然といえるでしょう。

バンドルカードの残高の現金化は違法ではないの?

クレジットカードのショッピング枠を現金化しようとする場合、クレジットカード会社の規約が障壁となります。

基本的にどのカード会社でもショッピング枠の現金化行為は禁止されており、これを行った場合、クレジットカードが強制解約処分となるだけでなく、5年間の金融ブラック入りという厳しい処分も考えられます。

しかし、バンドルカードの場合にはこういったリスクをまったく考える必要はありません。

クレジットカードを介さないのならクレジットカードの規約に触れることもないからです。

仮に、ポチっとチャージで2万円の残高増を図り、その額面を現金化したとしても、問題が生じないものとされています。

ポチッとチャージを利用する場合、翌月末までに

「コンビニ払い」

「銀行ATM払い」

のいずれかの方法で入金が必要となりますが、現金化するまでのスピードとのタイムラグを考えるだけでも、まったく問題が生じないだろうことはイメージに容易いのではないでしょうか。

全体像を観察してみれば、そもそも現金化を想定していなかったのではと思えるほどシステムにルーズさを覚えてしまいます。

しかも、バンドルカードの運営会社は個人信用情報機関に加盟していないため、仮に“ポチッとチャージ”の支払いを延滞させたとしても、金融ブラック入りとなることもないとされています。

ポチっとチャージによる残高を現金化するデメリット

ポチッとチャージは支払いを済ませない限り、2万円までしか入金できませんので、最大でも2万円までの現金しか手に入れられません。

上でご紹介した“買取ボブ”を介したとしても、最終的に1万8千円くらいの現金が手にできるだけです。しかも、バンドルカードのポチっとチャージを利用して金券ショップの利ザヤも含めつつ自室年率を計算してみれば、なんと闇金も真っ青の年率100%オーバーとなりますので、これならばカードローンでお金を借りたほうがいいのではと思ってしまうほどです。

まとめ

人々のキャッシュフローをより便利かつスムーズにしようとするサービスの利便性は高まる一方のように思えますが、その裏には必ずリスクが潜んでいるものです。

便利なサービスなのですから、どんどん使わせてもらえばいいのですが、計画的な利用が前提となっているのはほかの金融サービスと同様といえるでしょう。

おすすめの記事