多くの人が利用するであろう、メルカリ月イチ払い。この支払い方法というのも翌月の月末までの後払いとなっていますが、支払い期限を守れず払い遅れる人が多数いるようです。

コンビニ払いにした場合で、コンビニでクレジットカードでの支払いは可能なのかについてとこのまま延滞し続けるとどうなってしまうのかについても解説していきたいと思います。

コンビニ払いはクレジットカードでの支払いはできる?

結論から先に言いますと、コンビニのレジでクレジットカードを差し出しての支払いは不可ですが、他の方法を使うことでクレジットカードで支払うことができます

クレジットカードで〇〇券を購入して現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金として引き出す方法をご存知でしょうか?

その方法もかなり簡単でして、Amazonギフト券をクレジットカードで購入して(必要な金額分)、その購入したAmazonギフト券を現金化してくれる業者に現金化してもらい自分の口座に振り込んでもらうのです。

その方法について詳しくこちらの記事で解説しております。>>

メルカリ月イチ払いを何ヶ月も滞納するとどうなるのか?

メルカリを日頃から使い倒している人はかなり多いと思います。

不用品を売ったり、お店よりも安く目当ての品を手に入れたり、なかなか見つからないアイテムを購入したりなど、様々な使い方のできるメルカリですが、支払いの方法としてメルカリ月イチ払いという方法が選択できます。

メルカリ月イチ払いとは、月に複数回買い物をした金額を、まとめて翌月に支払うことができる後払いのサービスです。月末締めの翌月末払いとすることができますので、資金繰りも計算しやすくなるというメリットも得られます。

しかし、支払いにルーズな人はメルカリ月イチ払いを利用すべきではありません。メルカリ月イチ払いの支払いを滞納してしまった場合には、相応のペナルティを課せられてしまいます。

メルカリ月イチ払いの支払いまでの流れと延滞してからの流れ

メルカリ月イチ払いの支払いは、利用月の翌月1日から末日までとなっており、この期間内であればいつでも支払うことができます。

しかし、この期間を過ぎてしまえば、かなり面倒なことになります。月イチ払いの払い込み期限が過ぎて延滞しまうと、やることリストに表示されていてもコンビニからの支払いができなくなりますので、どうしていいのか戸惑う人も少なくありません。

対策法を調べると、できるだけ早く事務局あてに謝罪と、以降の支払いについての指示をしてもらうようお願いしなければならないようなので、他の後払いサービスと比べてもかなり厄介です。仮に、これらも行うことなく放置していれば、メルカリの回収に向けた各種措置が順次行われるようです。

メルカリ月イチ払いを延滞することによるデメリット

物品を購入する一つの選択肢としてすっかり浸透しており、不用品の現金化や、せどりなどのサイドビジネスでメルカリをしている人も多いことから、メルカリ月イチ払いを延滞することによるデメリットはそれぞれに大きな影響を及ぼしてしまうことでしょう。以下に、メルカリ月イチ払いを延滞することによるデメリットを簡単に紹介してみます。

メルカリ月イチ払いが利用できなくなる

メルカリ月イチ払いを延滞すれば、同サービスが利用できなくなります。これは他の後払いサービスでも同様であり、約束を守らない利用者に向けた措置として誰もがイメージしやすいと思います。

メルカリのすべての機能が利用できなくなる

メルカリ月イチ払いを延滞すれば、将来にわたってメルカリのサービスが利用禁止となるほか、これに伴って損害がユーザーに生じたとしても何の責任も負わないものとされています。

せどりで生計を立てている人にとっては、ひとつの仕入れ先と販路を失うわけですから、まさに死活問題となってきます。

副業目的でメルカリを使用していなくとも、豊富なアイテムを安く購入できるメルカリが使えないのは大きな痛手となるでしょう。また、メルカリにそれまでに商品を販売してきた売上が残っている状況であれば、その残高がメルカリ月イチ払いの延滞分の支払いに充当されることも考えられます。

遅延損害金の発生

メルカリ月イチ払いとは借金に他ならず、その返済を反故にすれば、他の借金がそうであるのと同じく遅延損害金が生じます。

遅延損害金の年率は14.6%となっていますので、メルカリ月イチ払いで20000円の延滞を1年間してしまえば2290円を損害金として上乗せされますし、3年滞納すれば8784円が加算されます。

1年で2290円なのに、3年で3倍以上の損害金となっている理由は、複利計算によってそれまでの遅延損害金も含めた金額に遅延損害金の料率が掛け合わされるためです。

第三者による債権回収

メルカリ月イチ払いを延滞していれば、他の後払いサービス同様に代金の回収を第三者に委託する可能性があります。この第三者とは法人の債権を安く買い取って、回収することで差益を得ている業者です。

ヤクザではありませんので、身に危害が及ぶなどはありませんが、合法的な手段をいくつも重ねながら回収を図ってきます。

また、委託先としてはサービサーだけでなく、メルカリが業務委託している弁護士事務所となる場合もあります。

この場合には弁護士事務所からの連絡が来ますが、メルカリと弁護士事務所のあいだで依頼期間が設定されており、その案件において依頼期間内に支払いがされればそのまま終結となる一方、状況が改善されない場合にはメルカリ側の意向によって裁判へと発展するケースもあります。

メルカリ月イチ払いを何カ月も延滞していれば、悪いのは支払わない方なのですから、最終的に裁判とされても何の文句も言えません。

精神的な負担がかかる

よほど神経が図太くない限り、メルカリ月イチ払いを延滞したことによる督促を受け続けていれば、精神的な負担は避けられません。

最初は面倒に思えていても、第三者による回収が始まれば、自宅に受け取り時に署名しなければならない書類なども届くようになるため、家族がいれば何らかの指摘を受けるでしょうし、その郵便物を開けてみれば、まるで脅しのように法的措置という言葉が並んでいるのを目の当たりにします。

段階が進んでいけば、裁判や差し押さえといったキーワードも目にするようになり、この先そのまま生きていけるのかどうか不安を覚えてしまうのが一般的な感覚です。

延滞している金額を考えれば、かなり割に合わない負担を覚えると言わざるを得ません。

メルカリ月イチ払いを延滞したら金融ブラックになる?

金融ブラックとなってしまえば、カードローンも含めた銀行系のローンやクレジットカードの利用もできなければ、新規で携帯電話も契約できず、物件によっては賃貸契約もできないなど諸々のデメリットが生じますが、金融ブラックなるためには、信用情報機関に自信がブラック対象者であるとの情報が登録されなければなりません。

では、メルカリ月イチ払いを延滞したら、信用情報機関にブラックとして情報が掲載されるのかといえば、そうはなりません。なぜなら、メルカリは信用情報機関(CIC等)の加盟企業ではないからです。

このため、メルカリ月イチ払いを延滞したとしても、銀行系のローンやクレジットカードはこれまで通り利用できます。

まとめ

メルカリ月イチ払いを延滞した場合には、他の後払いサービス同様に最終的には法的措置も含めた回収の施策が自分へと向けられます。しかし、メルカリ月イチ払いで延滞してしまうだろう金額を考えれば、早々に支払ってしまったほうが精神衛生上も好ましいのではないかと思います。

高利の遅延損害金がかさんでいくのは仕方ありませんが、それ以上に便利なメルカリを利用できなくなってしまうことの方が大きな痛手となる場合が多いでしょう。

せどりを行っている人であれば、有力な仕入れ先のひとつを失ってしまうだけでなく、販路までも失ってしまうこととなりますので、滞納している金額以上の損失を抱えてしまうことを意味します。

わずか数万円の話だとしても、お金についての契約はしっかりと守っていかなければなりません。

ついつい、あれもこれも購入してしまいたくなるメルカリですが、月イチ払いを決済方法とするときは末締めの金額を確認し、月末までに支払うのを忘れないよう、スケジュール機能などに支払い予定日を打ち込んでおくなどしておくのがおススメです。

おすすめの記事