GMO後払いのコンビニ支払いはレジでクレジットカードでも支払いすることができるのか?

また支払いをそのまま放置しておくとどうなってしまうのかについても解説して行こうと思います。

コンビニでのクレジットカード決済は可能か?

クレジットカードでの支払いは通常であればできません。

クレジットカードを使うことはコンビニにとって負担となるため利用できないようになってます。

通常であればクレジットカードを使えるのですがそれはコンビニの商品が購入することだけに限ります。

GMO後払いというのはコンビニの実質的なサービスではなく、コンビニはただ仲介してくれているだけなのです。そして仲介料として収納代行手数料というものをGMOからもらっているのです。それがコンビニの複数ある収入源のごく数%なのでしょう。

それに対してクレジットカードを利用されるとコンビニとしては採算が合わないためクレジットカード決済は利用できないのです。

しかし、これを解決する方法はあります。

それはクレジットカードのショッピング枠の現金化という方法になります。

詳しくはこちらの記事へ

【即振込!】クレジットカードを現金化する方法

決済サービスの利便性を追求し、各社が後払いサービスを投入している状況下、ネットサービスのあちこちに顔を出している感のあるGMOも当然のように後払いサービスを展開しています。

しかし、GMOが賢いと思うのは、先行しているサービスを真似するだけでなく、自社なりの一つのアクセントを加えながら、より良いものとして投入している点です。これは決済サービスである、GMO後払いにおいても同様となっています。

通常ありがちなスタイルとしてイメージするならば、GMO後払いは支払いの段階で現金を持っていない、クレジットカードを持っていない人の代替的な決済手段としてその場で機能し、後に決済者が支払いを終えることで一連の取引がクローズされる運びとなります。

しかし、GMO後払いは、商品が届いてその内容を確認してから支払日までの起算点が定まるため、他の決済方法に比べて購入者の優位性が確保されているのです。

GMO後払いの支払いを滞納して払わないとどうなる?

料金を支払えるのに払わない場合は悪質ですが、本当にお金がないことだってあるでしょう。ここからはGMOが滞納者へどのような対処をしていくのか解説していきます。

GMO後払いの支払いまでの流れと滞納してからの流れ

GMOとは、東証一部上場のGMOインターネット株式会社を中心とした、GMOグループのことであり、「すべての人にインターネット」をという企業理念を掲げている会社であり、ネットとリアルを結びつけるポイント各所に進出してサービスの提供に努めています。上でもご紹介しているように、GMO後払いは、購入者の手元に商品が届いた後に支払いができるサービスです。

GMOの後払いを利用する流れをざっと紹介してみると、ネットショップで商品を注文すると、その運営者は取引情報をGMOへ送り、GMOから与信結果がすぐに返信されます。この結果に問題がなければ購入者へ事業者からは商品、GMOからは請求書が送られることとなり、GMO後払いの利用者はその請求書の内容に従って支払いを履行することとなります。支払い期限は、商品発送日から14日間となっておりますので、請求書の到着と別で管理しておくとよりわかりやすくなるでしょう。

GMO後払いを滞納することによるデメリット

GMO後払いの支払いを延滞したままでいれば、約束を守らない利用者にはいくつかのデメリットが生じます。それらのいくつかを、以下にご紹介してみます。きっと皆さまもご存じのよう、後払いサービスを利用したにもかかわらず支払いを怠ったときには、社会生活上のリスク要因となるだろう措置を受ける可能性が濃厚となりますが、GMO後払いについては、いくらか異なった点があります。

GMO後払いが利用できなくなる

GMO後払いを利用したにもかかわらず、そこで生じた立て替え代金の精算を行わない利用者のGMO後払いの利用はできなくなるのが通常の考え方だと思います。しかし、GMO後払いができないままとするかどうかは、同社の判断によるようです。この理由として考えられるのは、GMOグループという存在自体が一般的な私企業以上に私的な存在であるためです。ちょっと調べると、それらしき情報を目にすることができると思いますが、同グループは物事の価値判断基準が明確でないという指摘がネット上にいくつもみられます。このような背景もあって、GMO後払いの支払いを滞納したとしても、その利用者がこれから先も利用価値のある人物であるとGMOグループの与信担当者から評価を得られれば、GMO後払いがそのまま利用できるとのことです。ちなみに、その利用価値の判断基準もまったく公開される予定はないようです。

他社の後払いサービスも使えなくなる

GMO後払いも他の後払い決済サービスと同様に、利用者の情報を通信信用情報サービスというところに登録している可能性があります。こちらは銀行をはじめとする金融機関が共有している信用情報の後払いサービス業者版といえる存在のものであり、後払いサービスを展開しているGMO後払い以外の会社でも、GMO後払いへの滞納が確認できるようになるため、新規の借り入れができなくなってしまう可能性が高まります。しかし、GMO後払いの場合には、他社以上にデータベースの共有に消極的であるため、なかなかリスクの分散が進んでいないように思われます。一部の情報によれば、GMOグループは売掛金や渋滞金の管理もいい加減でだらしない会社であるとの評価もあり、通常考え得るルートのままで物事を捉えきるのはいささか困難なようです。

滞納による法的措置の可能性は?

お金の問題なので、大手の業者ほど専任の顧問弁護士などに債権回収の依頼を行うものですが、GMO後払いの場合には、その可能性はかなり少ないのではないかと思います。決してGMOグループがいい加減な会社であるとのモノ言いに終始するつもりはありませんが、総合的に見た場合、債権回収の現場には費用だおれという概念があります。

簡単に言うならば、一万円を回収するために二万円をかけていては仕方ないという考え方です。GMO後払いのように小さめの金額を争うくらいなら、現実的な範囲内で督促をかけておき、その結果次第で継続的な督促をかけるのみとしておこうとするのが一般的な考え方です。しかし、このような状況だからと油断したままでいられるはずもありません。

法的な物言いの根拠がGMO側にあるのは変わりないのですから、いつどのような内容でトラブルの種を裁判所に持っていかれるのかわかったものではありません。GMOグループの回収措置が生ぬるいと思われるのもいくらか仕方ないように思えますが、GMO後払いの支払いを滞納していた場合、法的措置とするかどうかはすべてGMO側の判断によるものとなってしまう点にも懸念は必要となるでしょう。

GMO後払いの運営母体の価値判断基準が明確でなく、対応がケースバイケースであるのは、決して滞納者にとって有利なだけでなく、不利に働くことも十分に考えられます。ルールが明確でない場合には、突如としてルールが定められるからです。しかも、督促のGMO内のルーティンはGMO後払いの利用者に向けて公開する内容ではないので、突然に法的措置へと踏み込んでくる可能性だって否定できません。

滞納したら金融ブラックになる?

GMO後払いを滞納したとしても、金融ブラックとなる可能性はありません。

銀行系ローンやクレジットカードの利用ができなくなる金融ブラックとなるためには、信用情報機関にブラック対象者としての情報が登録される必要があるためです。

しかし、上でも登場している、後払いサービスを提供している各社が利用している通信信用情報サービスにその情報が載ってしまうため、他社の後払いサービスが利用できなくなる可能性は生じます。

まとめ

GMO後払いは、商品が到着して中身を確認してからの支払いとなっているため、他の後払いサービスに比べてトラブルが生じやすいともいえます。

他の後払いサービスと同じように考えてしまい、商品が届いたから支払いを終えていると勘違いしてしまう場合もあれば、このまま支払わなくても、と魔が差してしまいそうになる場合もあるでしょう。

上記のよう、GMOグループの価値判断基準に統一性がないといっても、やはり契約上のことに間違いはありませんので、GMO後払い利用者としてサービスを提供してくれるGMOとの約束を守るのに越したことはありません。

タラレバで考えてもキリがありませんが、お金のことなのですから、サービスの提供者が未収金をそのまま諦めるとは思っておかない方がいいでしょう。便利なGMO後払いをいつまでも利用できるよう、利用者それぞれが約束を守るのが大切です。

おすすめの記事